角2封筒の用途と魅力

角2号の封筒ならば紙製という点を生かして、キッチン周りでも大活躍です。

2017年05月30日 16時07分

角2号の封筒ならば紙製という点を生かして、キッチン周りでも大活躍です。
ジャガイモや玉ネギ、にんにくなどの常温で保存したい野菜を、封筒に入れて保存しておけば、紙製の袋なので風通しも良く見た目もスッキリします。
特にジャガイモは、光を当てておくと有害な芽が発芽してしまうので、光除けにも効果がありますし、風通しがもう少し欲しい場合には、
楊枝やアイスピックなどを使って小さな穴を数箇所開けておけば、腐敗防止にもつながり更に安心です。

そして封筒上部に穴を開けてヒモを通せば、吊るす事が出来るので、玉ネギやにんにくなどを入れて吊り下げ保存するのにピッタリですね。
もちろん冷蔵庫へ入れて保存する野菜の保存バッグとしても便利に使えます。
ビニール製の袋のままでは、袋内部に付く水滴が原因で野菜が傷みやすくなってしまいますが、
紙製の封筒に入れて保存しておけば、
紙が水分を吸い取ってくれますし、程よく乾燥からも野菜を守ってくれます


カラフルな封筒も可愛いけれど、シンプルな茶色いクラフト封筒で統一して使えば、ナチュラルな色合いが自然で、どんなインテリアカラーにもマッチします。
ラッピング用に切り取った後の上部分も捨てずに活用しましょう。適度な長さに切りそろえれば、ちょっとしたメモ用紙になりますね。
そして何枚かを合わせてテープなどで貼り合わせれば、キュウリやネギなどの細長い野菜の保存用にも使えますし、
冷蔵庫内の扉ポケットの底に敷いて使えば、使い捨ての汚れ防止用の敷紙にもなります。