角2封筒の用途と魅力

角2号封筒は、衣替えの季節やクローゼットでも大活躍します。

2017年05月30日 16時08分

角2号封筒は、衣替えの季節やクローゼットでも大活躍します。
シーズンオフの毛糸の靴下やマフラー、手袋などの収納にも便利に使えます。
一緒に防虫剤を入れて封をしておけば、虫食い防止にもなりますし、コンパクトに収納出来ます。
マフラーやスカーフなどをクルクルっと丸めて入れておけば、シワになりにくく枚数も1枚の封筒の中にたくさん収納出来ます。

必須事項としては、中身が分からなくならないように、内容物の情報は封筒表面にきちんとメモをしておきましょう
この袋は中身を出した後に畳んでおけば場所も取らず、破れない限り何回でも使えますので、衣替えに大活躍の定番便利グッズになりますね。


そしてシーズンオフなどで履かなくなった靴を、しまっておく場合にも活躍しますよ。
こども用や女性用の靴ならば、封筒1枚で1足が入りますし、男性用やサイズが大きめな靴の場合でも片方ずつ袋に入れれば大丈夫です。
封筒に靴の情報を書き、1足が2袋に分かれる場合でも、相番をちょっとメモしておけば中身が見えなくても安心ですね。

収納する時も野菜の時のように封筒上部に穴を開けてヒモを通せば、吊り下げ収納が出来るので、クローゼットや下駄箱内のスペースが有効活用できますね。
さらにはブーツなどの丈のある靴でも収納出来てしまうのですが、これには角2号の封筒を3~4枚ほど使用します。
まず封筒2枚の下部分を5センチほど折り曲げて、その線に合わせて左右の角を三角形に折りマチを作っておきます。


それぞれにブーツの片方ずつを入れて、収まりきれない上の部分は残ったもう1枚を使います。
封筒の底の部分をカットして筒状にし、その封筒を2等分にカットして2つの筒を作ります。
あとは先にブーツを入れておいた封筒それぞれに、テープなどで連結させて完成です。
3枚目をカットする前に収納物の長さを確認して、もし長さが足らない場合には、全部で封筒を4枚使用して下さい。


角2号の封筒は、数あるサイズの封筒の中下でも一番使いやすく、手頃な大きさの封筒です。
お手頃価格で簡単に手に入り、贈り物から家中の様々な場所で活躍して重宝する便利な封筒です。
アイデア次第でまだまだ活用の幅も広がりますので、日頃から是非お手元にご用意されて、日常的にあれこれ便利に利用してみてはいかがでしょうか。